40代コラーゲンドリンク

美容ドリンクに含まれる有効成分

 

肝臓機能の改善に役立つアミノ酸
接待や会社の付き合いで日々酷使されている社会人の肝臓をアミノ酸が支えます。
調べによれば健康診断を受診した方の4人のうち1人が肝機能の数値が健康な方の数値を大きく外れていることがあるそうです。
4人のうち1人という高い割合からいえることは、現代の社会人はかなり肝臓にムチを打っているということです。
暴飲暴食や度重なるお酒の付き合いが多い方は、美容ドリンクやサプリメントに含まれるオルニチンが体に良いとされています。
オルニチンが肝臓の役割であるアンモニアの解毒作用やアルコールを分解する代謝の能力を支えてくれます。

 

 

美容ドリンクのオルニチン作用

 

オルニチンが肝臓の機能をサポートし、アンモニアの解毒を向上。
肝臓は人の身体にある化学薬品工場といわれるほどです。身体をめぐる血液によって運ばれた多くの
栄養成分に対して色々な化学反応が肝臓の中で毎日おこっています。
その数も500種類を軽く超えるものです。そのうちのオルニチンによる作用は、アンモニアの解毒やタンパク質の合成といった
人の身体に重要な作用で肝臓のはたらきをサポートしているのです。

 

肝臓で普段からされている解毒の作用は、私たち人間の身体に毒となりうる成分をほかの成分に変えることで、
毒の力を軽減するはたらきがあります。例えばアンモニアの場合は、グルタミン酸からグルタミンを作るために重要な成分ですが、
アンモニアが私たち人の身体の中に溜まり続けてしまうと生命に関わる危険となります。
それを防ぐのが肝臓の役割です。肝臓がアンモニアを尿素に変えて尿として身体の外に出すことで身体の解毒を行います。
オルニチンは尿素の回路といわれるアンモニアの解毒を担うシステムの重要な構成要員といえます。
オルニチンが、私たち人の身体に有毒となるアンモニアを肝臓で、解毒・分解を行い、尿に変える仕事をしています。
その工程でオルニチンは他のアミノ酸に変わっていきますが、そのアミノ酸がまたオルニチンに戻ることが最近の調べで判明しています。
この循環をオルニチンサイクルとう尿素回路の別名となっています。

 

 

オルニチンのさらなる効果

 

身体のアルコール濃度を抑える効果を実験で確認
美容ドリンクやサプリメントによるオルニチンの摂取の結果、
肝臓の解毒作用をサポートする効果の他に、血液中のアルコール濃度を抑える力があることが動物実験の結果により判明しています。
実験用マウスにエタノールを含んだものを与えて、そのあと30分程してからオルニチンの水溶液とお酒の代わりとなる蒸留水を与えました。
エタノールを与えてからの1時間から4時間半程の間に、数回にわたって血液中にあるエタノールの濃度を測った結果、オルニチンを与えた
実験用マウスにのみ低い濃度値が確認できました。
この実験によってオルニチンによる血液中のアルコール濃度を抑える効果が確認されたのです。