コラーゲンドリンク

 

 

アミノ酸のGABAは高血圧対策に◎

 

GABAには高血圧の対策に有効な、血圧値の低下作用が発見されています。
体内の血圧値が高い状態が続いた場合、血管は疲弊し衰え始めて堅くなっていきます。
そして、血管の壁が強い圧力に耐えられる厚さを持とうとするようになります。
厚くなった血管は柔らかく薄い血管と比べて狭く血の巡りが悪くなり、
脂肪やコレステロールを蓄積しやすくなります。

 

この悪循環は高血圧のような疾病を後押しすることになり、血管の状態悪化を更に加速させます。
慢性的な高血圧の状態が続いた場合、血液を送る役目の心臓に必要以上の負担がかかります。
負担に耐える為に心臓に必要以上の筋肉がつくことで心臓のポンプをする機能が弱まり、
心機能そのものが低下してしまいます。

 

GABAというアミノ酸の一種を動物やヒトが食べ物や美容ドリンクサプリメント等で取り入れることで、
血液の値に低下の現象が見られた研究報告が、60年代以降に少しずつ行われ始めました。
GABAの研究とそれに関する報告では、血圧が高い人に約12週間の間、
1日あたり80mgのGABAを食事や美容ドリンクで摂る実験をおこない、
血圧の値を調べた所、血圧値の低下が確認されました。
正常な血液の人の場合は、GABAをある程度摂取しても必要以上に血圧を下げるようなことは無かったという報告もありました。
シトルリンやGABAといったアミノ酸は日頃の食事やコラーゲンドリンクのような美容ドリンクやサプリメントから摂取できます。